振袖(ふりそで) - 染めと織り こばやし

トップ  >  呉服(着物)の種類  >  振袖(ふりそで)
振袖(ふりそで)とは・・・

振袖は、未婚の女性の正装です。
袂(たもと)の長さにより「大振袖」(袖丈114cm前後)「中振袖」(袖丈100cm前後)「小振袖」(袖丈85cm前後)に分類され
明治時代以降、未婚女性の華やかな正装として定着していった
格式があれば中振袖でも第一礼装として通用するとされ、一般的な大振袖より格が落ちるわけではありません。

振袖は、未婚女性ならではの若々しさを表現するために華やかな色柄で染め・絞り・刺繍などがほどこされます。
柄によっては、結婚後に袖を短くして訪問着として着ることもできます。

袖丈は江戸時代、舞踏の際に身振りを美しく見せるために袖を長くしたといわれている。
カテゴリートップ
呉服(着物)の種類
次
留袖(とめそで)