訪問着(ほうもんぎ) - 染めと織り こばやし

トップ  >  呉服(着物)の種類  >  訪問着(ほうもんぎ)
訪問着は、正装の一つで当初は背中・両袖の3カ所に家紋を入れる色留袖と同格でしたが、しだいに紋をいれない訪問着が普及しました。

結婚式の披露宴、パーティ、お茶会など、ミス・ミセスを問わずさまざまな社交着として着用される正装で
洋服の「ビジティング・ドレス」に当たるものとされてます。

特徴として模様付けがあり、着物として仕立てた時点でおかしくならないよう絵を描いた後、再びほどいて染色作業をします。
これが付け下げとの最大の違いです。
前
留袖(とめそで)
カテゴリートップ
呉服(着物)の種類